このブログについて

かわいい猫との暮らしを記録する猫日記のほか、趣味で集めている鉱物の話などを不定期に記録する日記です。

書いている人物

えび子
和歌山でWebデザイン・構築・運用をやっている会社員です。
趣味はゲーム、鉱物収集、アニメ鑑賞、旅行。
フローライトの事ばかり考えているけどあまり持っていないのでこれから増やしたい。
猫を溺愛する夫と共に猫たちの暮らしを良くする方法を考えては実行中。
お問い合わせはこちら

WordPressやWeb全般に関する構築メモは「ebicology(コーディングメモ)」をご覧ください。

我が家のにゃんズ(猫たち)

カイト 

すごいヤキモチ妬きで私に強い依存心を示し、近づく者は有機物無機物問わず嫉妬し鳴き叫ぶ。
私が帰宅したらまずたっぷりとカイトだけを見つめて撫でないとだめ。
夫もリルも私に近づいてはだめ。
気に入らない事が続くとリルを襲撃して物理的に潰すジャイアン。
不機嫌になると誰も居ない部屋に行き悲しそうに鳴いて迎えに来てもらえるかどうか愛を試す重いタイプ。
怖がりでお客様がやってくると姿を消す。
リルにめちゃくちゃするけど怪我しない程度に手加減しているし彼女が鳴けばそっと寄り添って優しく面倒をみてあげるおにいちゃん。

2014.08.27:誕生
2015.01.03:家族に迎えた
現在、私を独り占めすることに命を燃やしている。

リル

好奇心旺盛で大胆な行動力を持ち、日夜遊ぶものを探しておもちゃアンテナを張っている。ただし怖がりですぐパニックになり周囲を巻き込んで大暴れするので気になるものを見つけるとバネの様にビクビクと跳ねながら近づいていく姿がよく見られる。お客様がやってくると気配すら殺すので「ほんとにこの家の中に居る?」と幻の猫扱いされる。

家族に迎えてからしばらくは先住のカイトがヤキモチを妬かない様にあまりベタベタせず育て、身の回りのお世話はカイトに任せたのでリルはカイトが大好き。目が覚めた時にカイトが居ないと子猫の様に鳴いて呼ぶ。ただ肝心の自分たちがリルに信頼されるのを疎かにしてしまい、一緒に暮らし始めて1年くらいは私や夫の事を「ご飯をくれるアイツとソイツ」みたいな扱いでそっけなく、抱っこ嫌いで撫でようとしてもサッと手をかわしていた。(参照:リルは愛想が無い
そこでリルが寝ぼけている隙に近づいて優しく撫でるのを毎日やっていたらいつの間にかナデナデ大好きの甘えっこちゃんになっていた。

2015.04.15 誕生
2015.05.24 家族に迎えた
最近私と仲が良いのでよくカイトから嫉妬の一撃をくらわされている。

コメントを残す