カイトが元気ない

カイトがご飯をあまり食べません。
私たちが側に居ないと食べない。

ゴールデンウィークを過ぎたあたりから忙しくなり、20時~22時くらいに帰る事が多くなりました。
夫が遅いのはいつもの事ですが、私まで帰って来なくなったので子猫の頃から日が暮れたら誰か帰って来るのが普通だったカイトにとっては、待つ事がストレスになっている模様。

実際、日暮れ頃スマカメ(Webカメラ)で様子を伺ってみると、車が通る度に窓の外を見に行ってはしょんぼり部屋に戻って来ます。
しっぽピーンと立てて窓に駆け寄っては、うなだれてトボトボ帰って来るんですよ。
そうやって夫か私が帰ってくるのを何時間も待っているんですよね。
もう堪らない!!おかあさん泣きそう!

帰宅すると喜んでいる様子を見せてくれますが、すぐにご飯は食べません。
ガツガツ食べるリルの横でつまらなさそうに座ってます。

つまらん

30分くらいおもちゃ振り回して一緒に遊ぶと徐々に元気を取り戻して少量食べてくれます。

それでも1歳の猫が食べる量にしては少ない!
帰宅後から就寝までずっと構って構ってと鳴いて暴れてアピールする様になったし、お留守番がストレスなのは間違いなさそう。
例えリルが側に居ても、私たちが居ない事はカイトにとってすごく寂しい事なんだ。

そんなカイトの様子を見て心底心配している夫。
昨夜仕事が終わった後、「今から帰る」と夫に電話すると大変暗い声。
「カイトが全然ご飯を食べない。」

世界の終わりが来た様なテンションに驚いて急いで帰宅すると、リルのお皿は空っぽでカイトのお皿にはモリモリご飯が残っていました。
一口も食べてないっぽい。

しばらく一緒に遊んで落ち着いた頃にやっと食べてくれました。

ため息混じりに夫は言いました。
「昼間余程寂しいんだ。俺も居ない。えび子も居ない。
えび子、仕事辞めてカイトの側に居てやったらどうかな。」

・・・・

「生活費はよ!?」

私だってカイトの側に居てあげたい。
でも家のローンもあるし、車のローンもあるし、働かなきゃお金が貯まらないんだよぉ・・・。

世の中やっぱりお金なんだな。
カイトの幸せはお金で解決出来るんだな。
あと2ヵ月で多分少し仕事が落ち着くから、そうしたら前みたいに日が暮れた頃に家に帰れると思うから、それまでもう少し辛抱して下さいカイト。ごめんね・・・(涙)

 

コメントを残す