破壊神リル

4匹兄弟唯一の女の子だったリル。体も一番小さかった。
事前に送って頂いていた動画でも写真でも、いつも小さくまとまって眠ったりボーっとしたりしていて、実際ご対面の日も一番大人しかった。

でも蓋を開けて見れば彼女はぜんぜん大人しい子なんかじゃなかった。


ある日、リルが一生懸命何かを噛んでました。

そんな所(電話台の下)で何をやってるの?と呼びかけたらモグモグしたまま這い出て来た。

口から垂れ下がっているのはWiiのセンサーバーのコードだった。
綺麗な顔してるだろ・・・ちぎれてるんだぜ。

うぇおいpwrkgfけw@p!!!!!!


 

【別の日】

リル~!バーチカルブラインドの裾にじゃれたりしたら首がひっかかっちゃって危ないよ。
あれ?ひっかからないの?オールスル―??

裾を連結する紐がプッチプチに噛みちぎられてた。
ひっかかる度に噛みちぎっていた様子。
風が吹いてもあまりはためかない筈のカーテンがバタバタと舞い踊る。

「猫達が大人になったら紐を買い替えよう」と、夫は諦めた様に呟いた。


 

カイトは皮製品をバリバリに引っ掻く。
リルは細長い紐をすべて噛みちぎる。

いたずらにも個性が出てきたなぁ。

リルが一緒にベッドで寝たりする様になって可愛さを増して来ました。

カイトは日課の腰カクカクを欠かしません。
仕事から帰宅した私の服を手で引っ張って座らせ、跨ってカクカク(マウンティング)です。
調子が良いと「帰宅後」「夕食後」「お風呂後」「寝る時」と暇さえあれば足を貸して!と催促してきます。
普通オス猫の発情期って発情したメス猫につられて発生するらしいんですけど、一時家の近所に居た野良のメスが居なくなっても続けているので癖になっているんでしょうね。

リビングでやるとリルに邪魔されるので、寝室でのんびり甘えさせていたんですけど、最近階段を登れる様になったリルがカイトを追って寝室にやって来る様になりました。
カイトの姿が見えなくなると大きな声で「ピィ!ピィ!」と鳴くので可愛い。
子猫の鳴き声って「ミィ!」とか「ニー!」って感じのが多いと思ってたけど、リルはなんか違う。

でも「永遠のデリケートカクカクタイム」を邪魔されると、寝てる時に鼻を噛まれても目にパンチされても怒らないカイトが珍しくブチキレます。
普段は「クルルルッ」と優しい喉鳴きしかしないのに「ニャアァアッ!!!」と甲高い声で怒鳴り(?)ます。

カイトにとってはとても大事な時間なんでしょうね。

遊んでほしくてカイトの足やしっぽに突撃し続けるリルを捕まえ、毛布の上に転がしてみました。
すると、毛布の感触が気になったらしく端をガブガブ噛み始め、次第に勢いを増して狂った様に噛みついては飛び撥ね始めました。

毛布が親のカタキか何か・・・?もしくはマタタビでも練り込まれてた?と疑いたくなる様なはしゃぎ様。

はしゃぎ疲れて眠ってしまったのでしばらく放置していたんですけど、それ以来自分でベッドによじ登って眠る様になりました。
私と夫の間で寝ていたり、私の腕や足に挟まって寝ていたり、かっ!かわいいー!!

カイトもうちに来て2日目くらいまではベッドに来てくれましたが、寝像が悪い夫に潰されたり蹴られたりして絶対一緒に寝てくれなくなりました。(私も蹴ったりしたんだろうなぁ・・・)

今の所、夫の洗礼を受けるリルにめげる様子は無いので、ベッドが寝床だと思い込んでくれるといいな。


 

リルの猛攻はこれに留まらず、カイトが気に入っていた赤いテントはリルに譲られ、カイトは「猫の気持ち」についていた青いテントに居を移しました。こぼれ出てる

リルは赤いテントが気に入っている様子で、視界に入ると中に飛び込み、内壁に飛びついてテントをうまいこと転がし襲って来ます。

ある日リビングでくつろいでいると猫達が横で騒ぎだしたので見ると、テントがゴロゴロと転がり、ドン引きしたカイトが追われていました。リル
やがてテントは私に向かって突進し、掴まると容赦無く爪で刺されるか噛まれます。

↓これは別の日に撮ったやつなのであまり転がっていませんけど、かわいい。

カイトよりよく食べるし動くしホントお転婆ちゃん!

コメントを残す