【引かないで…】目の下の小さな白い塊(稗粒腫)を自力で取る話

この記事を参考に自分もやってみようという方、傷跡が残ったり色素沈着を起こすリスクがあります!自己責任でお願いします。

目の下の薄い皮膚部分に白いできもの

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

目の下など皮膚のキメが細かく柔らかい部分に1mmくらいの白いポツポツが出来たことはありませんか。
これって「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」と呼ばれる角質だそうです。
脂肪の塊とも呼ばれるかもしれません。

初めて出来た時は「これが老化現象なん!?」と戦慄しましたが若い人に多い症状でもあるそうです。

通常は皮膚科や整形外科でレーザー治療や切開で取り除いてもらうらしく、知り合いにも何人かそうやって対処した人が居るんですけど、病院に行くのが嫌な私は試しに自分で取ってみようと試み、無事に取る事が出来たのでやり方を記録します。

年に1、2回くらいのペースなので、前にどうやったか忘れちゃうんですよね。

重ねて言いますが失敗して痕が残っても自己責任です。
細かい作業が苦手な場合や美容に気を遣っていらっしゃる方は必ず皮膚科や整形外科に行ってください。
稗粒腫のサイズが1mmを超える場合も自力で取るのはオススメしません。
私だって数年後、取った痕がどうなるかわかりませんから~~~

では、取る方法です。

用意するもの

  • ライター
  • 握りやすい長めの待ち針
  • 消毒液
  • 傷薬(軟膏タイプ)

おすすめの傷薬

コーフルです。
以前、エンジンを切ったばかりの原付のマフラーに膝を当ててしまって火傷した時に知人が「消防士さんオススメの薬がある!」と勧めてくれたもので、火傷によく効いて大助かりでした。
今は傷痕もすっかり綺麗になっています。
以来、私は「傷には絶対コレ!」って感じで信者化してます。マジオススメー

やり方

【重要】

  • 数日に分けて実行します。
  • 皮膚が少しでも赤くなったり腫れて来たらその日は作業を辞めます。
  • ポツポツが小さい場合はまだ取り出せません。ちょっと大きくなって指で触るとポツッとあるのが分かる様になったらチャレンジです。

1日目

  1. 待ち針の先をライターで炙り、消毒液で殺菌。
  2. 洗顔して白い塊周辺も消毒。
  3. 白い塊の下部を針で突いて皮に穴を開けます。
  4. この時、一度にグッサリやらず、針の先でやさしくひっかくイメージで下部の表面に見えない傷をつけ、ひっかかりを作ります。

ちょっとでも痛みを感じたり不安になったら潔く辞め消毒。
もし皮膚に傷が付いたら傷薬を塗り、綺麗に治るまで数日触らない。

2日目以降

1日目の内容を繰り返し、薄い皮に針が通るまでやります。
何日にも分けて繰り返すことにより、皮に細かい傷がついてちょっとだけ固くなるので針が通りやすくなります。
一度にやろうとすると皮膚への負担が大きいので、血が出てしまったり傷が大きくなって治りが悪かったりするんですよ。

穴が開いたら

無事、針の先端が皮をやぶり、白い塊に届いたら針の使い方は「刺す・引っかく」ではなく、押す係に変わります。
この間、少しでも痛みが出たり血が出たら辞めましょう。
痕が残るし血が出る程やってしまう人は向いてないので病院で取ってもらってください。

開いた穴の下あたりに針を持ってない方の人差し指の爪を添えます。
ティッシュで指をくるんでおけば皮膚に傷が付きにくくなります。

針の側面で白い塊を上から軽く押し、開けた穴に向けて押し出します。
出ない、痛い場合は無理しないで。
何度かチャレンジするとポロリと出てきます。

消毒して傷薬を塗って終わりです。
傷が消えるまで日焼けにも気を付けます。

あとがき

今までこの方法で5回くらい取りました。
私の場合、お化粧したまま寝てしまったり、仕事が忙しくてストレスがたまった状態が長く続くと出来る傾向にあります。
油物を食べすぎるのもよくないとか?
結局、老廃物が溜まってできるんですよね?
体質もあるんじゃなーい!?

今回ご紹介した白いやつ取るぞグッズ

コメントを残す